ねわるらあ

デリバリー 見れる 無修正DVD 裏ビデオ 無修正 無料 デリヘル 中出し 巨乳 サンプル動画 おまんこ ゲイ 獣姦 画像 裏dvd 動画 レズ 代引き adaruto エッチ オナニー セックス 裏 浣腸 熟女 ビアン 夫婦

COMICエウロパ

デリバリー 見れる 無修正DVD 裏ビデオ 無修正 無料 デリヘル 中出し 巨乳 サンプル動画 おまんこ ゲイ 獣姦 画像 裏dvd 動画 レズ 代引き adaruto エッチ オナニー セックス 裏 浣腸 熟女 ビアン 夫婦

THAWING

129cd184.jpg
THAWING


出版社:文苑堂(COMICエウロパ)

作者:ぽてころ
「まさか合格祈願の帰り道で、こんなに吹雪くなんて…」
東京から、大学受験のためこの東北の地に赴いた侑子ちゃんは、
雪風で消えいりそうな神社の鳥居に背を向けながら、
まさに今、遭難しかけていた。
「ちょっと誰か助けてよー」
しばらくして「民宿はぎや」では、
この旅館で働きながら大学に通う宗一が、
両手にコーヒーカップを持って何やらニヤニヤしている。
片方のカップを受け取ったのは、さきほど死にかけた(笑)侑子ちゃん。
彼女は、投宿するこの旅館の裏山でギャーギャー叫んでいたのだ。
宗一はニヤけ顔をくずさずに、軽口のつもりで
「雪風に吹かれて受験の悩みも吹っ飛んだろう」的な言葉で侑子ちゃんを笑うと、
彼女も負けじと受験生の大変さを知れ、と必死に反論。
実は彼らは従兄妹同士で、こんなやり取りも昔から知った仲だからこそできるのだが、
二人のこれまでの均衡を崩しかねない想いを、侑子ちゃんは抱いていた。
侑子ちゃんは宗一のことを好きになっていたのだ。
恋わずらいのため受験に集中できない彼女は、
どうせ実らぬ恋ならば…とあきらめて、大学合格という目の前の課題に集中すべく、
宗一に告白、見事にこの片想いを散らせてみせようと考えていたのである。
さらにしばらくして、
侑子ちゃんは呆けたような表情で、露天風呂に白くて細い脚を浸している。
「伝えてしまった…」
彼女は数刻前、宗一を外に呼び出して自分の想いを告白。
そして彼の返答を聞かぬまま、先に旅館に帰ってきたのである。
これで良かったのだと、自分に言い聞かすような態度でいる彼女に、
突如、宗一の「侑子ちゃん」という声が聞こえる。
驚き、湯船のそばの眼鏡を掛けなおす侑子ちゃん。
宗一は彼女に背を向けたままで続ける。自分も侑子ちゃんが好きだと。
「…嘘っ」と大きな声を出して宗一のほうを向く侑子ちゃん。
彼女は、もはや自分が裸であるということを忘れ、
なおも続く宗一の言葉に、ただ耳を傾けるのであった。




惑わされて

e9e4ea93.jpg
惑わされて


出版社:文苑堂(COMICエウロパ)

作者:ここあ
その少女は、自らの愛液で濡れたパンティーを目の前に差し出して、こう言う。
授業中、自分をエッチな目で見てくるから濡れてしまったではないか、と。
因縁をつけられている先生は、すでに少女に跨がれ身動きが取れず、
自分の怒張したモノのみ自由であったが、いずれは少女の濡れた秘部によって締めつけられ、
すべてを拘束されるのを待つよりなかった。
その刹那、少女は挑発的な言葉と共に腰を落とし、強制的に挿入。
俗にいう騎乗位で先生を翻弄すると、その豊満な巨乳をムンズと揉ませ、
さらに一心不乱に腰を上下させては自分本意の挿入を繰り返して楽しんでいる。
そしてやがて押しよせるエレクトという名の波頭。
少女は先生に中出しさせると、こう言うのだった。
「ごちそうさまでした」と…。




りばらぶっ

c45819a4.jpg
りばらぶっ


出版社:文苑堂(COMICエウロパ)

作者:ぴりりねぎ
主人公の陽一くんは、年下の彼女である千春ちゃんとの関係について、少々悩んでいた。
最近どうも、二人の立場が逆転している帰来があるからだ。もちろん彼女の高まる優位性についての懸念であり、
先ほども千春ちゃんの亀頭責めに屈して射精を強いられた陽一くんは、その不安をいっそう強めていた。
しかし、彼の不安は的中、ことはそれだけでは終わらなかった。
それは、陽一くんが所蔵するエッチ本の処分についての千春ちゃんとの約束を、彼自らが反故にし、あまつさえ彼女に見つからないよう隠蔽すべく、どこえやら仕舞いこんでいたからだ。
約束を違えられたと千春ちゃんは怒りプンプン。私というものがありながら失礼です、という最もな意見に陽一くんは、それとこれとは別と反論するが、
自分の部屋で土下座させられながらの体では説得力もなく、千春ちゃんも意に介さずとばかりに彼のエッチ本を読みながら、
「亀頭責めとは良いものですね」と、トークを別方向に持っていく始末である。
だが、そんな千春ちゃんの様子がおかしい。少し変調が見られるよう。
どうやら、エッチ本を読み進めるうちに、身体の芯に火照るものを感じたらしく、彼女は陽一くんにピトと寄り添うと、照れた仕草もそのままに、いわゆるセックスを乞うてきたのだ。
しかし、さっき出しかばかりで今すぐは無理、とにべもなく拒絶する陽一くんに、千春ちゃんは恥をかかされたとホッペをふくらませるが、それも束の間、エッチ本に書かれていたある情報を思い出し目を輝かす。
それによると、なにやら男のお尻には気持いい部分があるらしく、彼女は、そこを刺激すればすぐに復活できるのではと考えたようで、さっそく陽一くんを使って実践開始。
かくして、キュートで小悪魔チックな千春ちゃんによる「アナル&睾丸・竿責めプレイ」が始まるのだが、
これはまだ、いずれ二人が達するであろう、ディープでアブノーマルな世界への入り口に他ならなかった。




カテゴリ別アーカイブ