d3e2b8d4.jpg
僕の孤独は水色の冷たさに沈んで

僕の孤独は水色の冷たさに沈んで
BCCKSDistribution
アルバイトをしながら小説家を目指している僕は、満たされない想いを抱えながら毎日を生きていた。どれだけ一生懸命努力しているつもりでも、まるで手に届きそうにない目標。焦り。徒労感。孤独。そんなとき、ひとりの女が僕のもとへ親しげに近づいてくるのだったが……。『僕の孤独は水色の冷たさに沈んで』